小銭入金を試してみる方法

小銭貯金をして、銀行に入金をする時どうしてますか。

小銭貯金って、結構思ったより貯まっていて、お札と違って入金も少し手間がかかります。

両替して使いたいという人もいるかと思いますが、実は銀行に入金する方がお得だったりします。

簡単に言えば「両替で手数料取られるよりも入金」です。

そこで悩むのがATMか窓口ですが、ATMの方が行きやすいけど、結構量も多いし、預けられるかなという心配もあると思います。

窓口に行くと何か注意されたり。

実際私の友人が小銭貯金を窓口に持って行くと、「もう少し早めに持ってきて下さい」と注意を受けたそうです。

そんな小銭の入金に対しての疑問ですが、解決して行きたいと思います。

窓口でももちろん預ける事が出来ます。

銀行の機械が枚数を数えてくれるので、そのまま入金する事が出来ます。

ただ、預けるときにいくら預けるのか、金額を書かんければいけない銀行もあります。

事前に利用してる銀行に行って、調べておくといいですね。

何百枚となると、数えるのが大変で時間もかかりますが、預ける側が把握してないと本当に当たっているか不安です。

預ける側に金額を書いてもらう事で「銀行は金額をごまかしたりしまい」ということをはっきり示すためなのでしょう。

同じ銀行会社でも、支店によってA支店は渡すだけでいいけど、B支店は書かないといけない場合もあるので、注意して下さい。

個人的には「ゆうちょ銀行」がおススメです。

もちろん口座がある人に限られますが、入金票に名前だけ記入し、金額の欄は空欄にして通帳と一緒に小銭を窓口に渡して下さい。

機械で数えてくれますが、混んでなければ手続きの時間も早いです。

窓口で預ける話をしましたが、窓口へ行くのは勇気がいるって方は、ATMは預ける事も可能です。

ATMには、硬貨を入れる「投入口」があります。

そこへ入れるだけです。

ですが注意点もあります。

銀行に備え付けてあるATMは、硬貨投入口のあるものが多いですが、コンビニやショッピングセンターにあるATMは、硬貨の取り扱いが出来ないものがほとんど。

事前に確認してみて下さい。

また、銀行にあるATMでも硬貨が投入出来ない時間帯があります。

土日や夜間などの営業時間外は、その可能性が高いのでここも事前にチェックして下さい。

硬貨投入口に一気に投入出来るATMもあれば、一枚ずつしか投入出来ないATMもあるので注意して下さい。

ほとんどのATMでは、1回に投入出来るのは「100枚まで」と決まっています。

取り扱い枚数は、ATMの目につく所に書いてあると思うので探してみて下さい。

枚数制限より少なければ、受け付けてくれますし、多ければ多い分戻ってくるので安心して下さい。

また、手数料についてですが、預け入れは基本無料の様です。

ですが、ATMの場合は、1日の枚数制限があったり預入手数料がかかる銀行もあるので、注意しましょう。

たくさんの注意点はあるものの、基本的な事ですので、ぜひ小銭貯金が出来たら小銭の入金を試してみて下さい。