細かいお金を表す小銭とは

小銭とは、こまかいお金。小額貨幣の事を言いますが、日頃から毎日目にするものだと思います。小銭(硬貨)についていろいろお話して行きたいと思います。

硬貨は年号が書かれてる方が「裏」になります。年号が書かれてる方は「1」とか「100」というように数字も書かれていて、そちらが表の様な気がしてしまいますが、そちらが裏になります。これはほとんどの人がご存じかと思います。

店で何かしら支払う時に硬貨を使う場面がありますが、客が同じ硬貨を21枚以上で支払えば、店側は受け取りを拒否出来ます。一回の支払いで同じ硬貨を21枚出した場合、法律で保障した通貨として認められない事を意味し、お店側は支払いを拒否しても良い事になっています。

これは知らない方は結構いるのでないでしょうか。「同じお金なのに。。」と思ってしまいますが、犯罪を防ぐための取り決めになってるそうです。中々、小銭を21枚を出して支払うという事が無いので、ほとんどの人が知らないのは当然ですよね。

反対に記念貨幣での支払いは、店側は受け取り拒否出来ません。日本銀行券や補助貨幣(記念硬貨)には「強制通用力」といって、金額の支払い手段として強制的に通用する効力を持っています。よって、支払いを拒否する事は出来ないのです。

日本で記念貨幣が発行されたのは、1964念の東京オリンピック記念1000円と100円の銀貨幣が初めてで、未だ記念紙幣は発行されていません。6種類の小銭がありますが、「穴が空いてるのが5円玉と50円玉に限定されてる理由」はご存じでしょうか。

穴あき5円貨幣が最初に発行された唱和24年は、戦後の急激なインフレのため貨幣の材料を節約する必要があったためです。最初に発行された50円貨幣は、今の50円貨幣より大きく、穴もなかったのです。しかし、当時の100円貨幣と紛らわしいという事で穴が空けられました。

その後、100円が白銅貨幣になった時50円も白銅に変更され、やはり区別の為に形も小さくなりました。要するに、「穴あき硬貨」に明確な方針はなく「状況に応じて必然的に生まれたもの」だったのです。ちゃんとした理由があると思いきや、時代などに合わせてお金も進化してるんですね。

日本で一番安く、日常で使われてる1円玉硬貨ですが、造る時のコストは2円近くかかってるそうです。原料のアルミニウムは原価1枚あたり0.7円。その為、1円玉は造れば造るほど赤字ですが、硬貨の中で一番製造されてる枚数が多いそうです。何だかおかしな話ですよね。これから、時代はめぐり、小銭も進化していくのでしょう。将来どうなってるのか楽しみです。